シマボシラスターリッチクリームの卵殻膜エキスとは?

『ぷるぷるの赤ちゃん肌になれるの?』





小じわが気になりはじめて肌の衰えを40代になり感じてきました。そんな時に口コミで聞いたのが、赤ちゃん肌になれるって噂のシマボシラスターリッチクリーム。


『ぷるぷるの赤ちゃん肌』がどういった成分からできているか知っていますか?



この赤ちゃんのぷるぷるお肌はV型コラーゲンがあることで、あのぷるぷる感ができています。お肌のなかには肌のハリと弾力を支えるコラーゲンがあります。


いってみれば、ベッドのばねのような役割をするのがコラーゲンで、その種類には、2種類あって、T型コラーゲンとV型コラーゲンの2種類があります。





その2種類のコラーゲンは、真皮と呼ばれる肌の奥のほうに存在するのですが、実はV型コラーゲンは、25歳を機に、どんどんと減り始めてしまうのです。


これが、お肌の小じわなどの発生の原因となるのです。お肌は、表皮と真皮の2段構造になっているのですが、奥にある真皮の中コラーゲンが減少することで、まさにベッドの中のバネが弱まってしまい、表面のシーツにシワができるように、お肌の表面にもバネの役割であるV型コラーゲンの減少で、シワができてきてしまうのです。


これが、いわゆる【オバ顔】の原因です。


嫌ですね。【オバ顔】





こんなオバ顔になるのを少しでも遅くしてくれるのがV型コラーゲンをたっぷりと含む卵殻膜エキス配合のシマボシラスターリッチクリームです。


いろいろとクリームはあって、最近ではこのシマボシラスターリッチクリームのように、ヒト幹細胞エキスを含むクリームもでてきました。


ですが、ヒト幹細胞エキスは肌の再生をうながす役割で、いってみればターンオーバーへの働きかけはありますが、肌のハリにつながるV型コラーゲンへの働きかけはないのです。


なぜなら、V型コラーゲンは25歳を過ぎた体からは製造されないからです。


なので、外からV型コラーゲンは補給する必要があり、そのためにもV型コラーゲンを多く含む卵殻膜エキスが重要となるのです。


シマボシラスターリッチクリームには、肌の再生をうながすヒト幹細胞エキスやノーベル賞受賞美容成分であるフラーレンとともに、V型コラーゲンを多く含む卵殻膜エキスが含まれています。


その点が私が気に入っている点です♪


↓↓とにかく、卵殻膜エキスを含むシマボシラスターリッチクリームをお試しする?↓↓

 

サイトマップ